看護師 非公開求人

看護師の非公開求人を活用して、絶対に後悔しない転職を実現!

看護のお仕事やナース人材バンクなどの看護師求人サイト(看護師転職支援サービス)の中には、ハローワークや求人雑誌などに掲載されていない「非公開求人」が存在しています。

人気の病院や募集人数がごく少数の場合は、看護師の求人は一般には公開されないことが多く、看護師専門の転職支援企業に直接声がかかります。そして、その非公開な求人情報は、転職支援会社に登録した人にしか通知されません。

看護師の非公開求人は、待遇や条件面で優良なものが多いのが現状です。なので、できるだけ早めに転職支援会社の求人サイトに登録しておくことが、納得できる転職につながります。

そこでこのサイトでは、看護師の非公開求人を多くもつ評判の良い転職サイトをランキング形式でまとめました。希望する条件で転職を成功させるために、ご参考にして頂ければ幸いです。(※登録や求人の紹介、転職サポート等は、どの求人サイトでも全て無料です。

第1位

看護のお仕事



単純に希望条件に合う求人を紹介してくれるだけでなく、各職場のリアルな情報も教えてくれるのが「看護のお仕事」です。
全国12万件以上の事業所情報をいカバーしており、職場の内部情報の収集にも力を入れています。職場の人間関係や雰囲気、評判、離職率など、求人票だけではわからない情報も充実しているのがすごいです。

看護のお仕事の公式サイト



第2位

ナース人材バンク



年間10万人以上の看護師さんが利用する、転職実績No1の看護師転職支援サービスが「ナース人材バンク」です。全国の看護師求人情報を網羅しており、好条件の非公開求人も豊富です。
全国各地に事業所があり、地域専任のキャリアパートナーから的確なアドバイスも受けられます。好条件の看護師非公開求人を見つけるために、まずは登録しておきたいですね。

ナース人材バンク公式サイト



第3位

マイナビ看護師



「マイナビ転職」などで日本の働く世代を応援している大企業、株式会社マイナビの看護師専門転職支援サービスです。全国各都道府県の求人をカバーしており、満足度に徹底的にこだわった転職支援が行われています。
実際にサポートしてくれるのは医療系転職支援サービスのプロであり、採用のご担当者からだけでなく、現場で働く看護師さんからも職場の状況を聞いているそうです。実際に利用された看護師さんの満足度も96.3%となっており、かなり高いですよね。

マイナビ看護師の公式サイト


各求人サイトの特徴と運営会社の早見表

それぞれの看護師求人サイト・転職サポートを運営している企業名と、その特徴を簡潔にまとめております。いずれも厚生労働省の認可を得ているサービスで、無料で登録・利用できます。

求人・転職サイト名/運営会社 特徴
看護のお仕事
レバレジーズ株式会社
・職場の内部情報(人間関係や雰囲気、離職率など)に強い。

・全国で看護師の転職をサポートしており、地域専任コンサルタントも在籍。

ナース人材バンク
株式会社エス・エム・エス
・年間利用者数が10万人を超える国内最大級の看護師転職支援サービス。

・全国に16拠点あり、日本全国の求人を網羅。
・好条件の非公開求人も多い。

マイナビ看護師
株式会社マイナビ
・全国各都道府県の求人をカバー。好条件の求人も多数あり。

・採用ご担当者や、現場で働く看護師さんからも職場の状況をヒアリング。
・実際に利用された看護師さんの満足度は96.3%もある。

ナースパワー
株式会社ナースパワー人材センター
・創立は1985年。看護師の転職支援サービスとして全国で始めて国の認可を得た老舗。

・都市圏応援ナースや沖縄・離島応援ナースなど、半年間の独自の勤務形態がある。
・看護師さんの気持ちを最大限に尊重した転職サポートを実践している。

MCナースネット
株式会社メディカル・コンシェルジュ
・全国15拠点で展開しており、全国各地で看護師さんの転職をサポート。

・常勤だけでなく、健診やツアーナース、派遣案件などの単発求人も豊富。
・多種多様な種類の求人があるので、様々な働き方の提案が可能。

看護のお仕事派遣
レバレジーズ株式会社
・看護師さんの転職支援サービス「看護のお仕事」から誕生した人材派遣サービス。

・関東地域限定(東京、神奈川、埼玉、千葉)で派遣のお仕事をご紹介。
・好条件の非公開求人も豊富。

ナースJJ
株式会社カスタマ
・最大で35万円の転職支援金を支給。

・日本全国の看護師さんの転職をサポートしている。
・医療機関の現場の情報も積極的に収集しており、職場の内部情報に強い。

ナースジョブ
株式会社メディカルジョブセンター
・北海道、兵庫、岡山、広島、福岡県内の地域限定で看護師転職支援サービスを展開。

・上記の各エリアにおいて勢力的に活動されており、質の高い求人も豊富に揃っている。
・気に入った医療機関を逆指名可能。コンサルタントが看護師さんにに代わって交渉してくれる。

ベネッセMCM
株式会社ベネッセMCM
・進研ゼミなどでおなじみのベネッセグループの看護師専門の転職サポート。

・首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)と関西(大阪、愛知、兵庫)でサービスを展開。
・常勤だけでなく、短期・単発の仕事も紹介している。

ナースではたらこ
ディップ株式会社
・楽天リサーチの看護師人材紹介部門で満足度No.1を受賞。

・日本全国90%以上の医療機関情報を掲載し、全国の看護師さんの転職をサポート。
・ネット等に掲載されない非公開求人も多数あり。

ナースフル
株式会社リクルートメディカルキャリア
・年間100万人以上の転職を支援している転職のプロ集団、リクルートが運営。

・首都圏や東海、関西、九州にてサービスを展開し、好条件の病院常勤求人が豊富。
・上京して働きたい看護師さんへのサポートも充実している。

都道府県別の病院・診療所情報

各都道府県別の病院・診療所情報をまとめております。

東京都 大阪府 愛知県 宮城県

転職成功のための豆知識

 転職成功の秘訣
看護師の転職や再就職を成功させるためには、ちょっとした秘訣があります。
心得ておきたい豆知識をまとめたページです。

 看護師が転職で失敗しないための5つのポイント
せっかく転職したものの、入職後に後悔してしまう人は少なくありません。そこで看護師の様々な失敗談をもとにして、転職で失敗しないための5つのポイントをまとめました。

医療の豆知識

 病院と診療所の違い
病院と診療所は同じ医療機関であることに変わりはありませんが、規模などの
違いがあります。

 循環器系の病気と検査
循環器は人体の中でとても重要な役割を果たしています。循環器系の様々な病気や
検査で使用する機器についてまとめました。

 医師の義務
医師が診療行うとき、患者との間には契約関係が成立しています。
医師が怠ってはいけない色々な義務についてまとめたページです。

 看護協会の事業活動
日本看護協会は「よりよい看護の提供」を目的した、看護師や保健師などの
職能団体です。看護における幅広い活動を行っています。


 厳しい病床規制
今の日本の医療制度では、病院が自由に病床を増やすことが出来ません。
ますます厳しくなっている病床規制についてまとめております。

看護師の求人票から解かること

求人をチェックしている看護師


看護師の求人票には給与や勤務時間、休暇、診療科目など必要事項が簡潔に明記されていますが、その表示の仕方によっては思わぬ落とし穴が隠されているケースもあります。

それぞれの項目に書かれていることが何を意味するのか、その実情をイメージしながら求人票をしっかり確認することが大切ですね。

以下に、看護師の求人表を見る時に注意しておきたいことをまとめました。

1.給与の項目について

まず基本給と各種手当ての割合をチェックし、表記されている額が「勤続何年目の看護師を目安にしているのか」も確認しましょう。その上で、自分の経験と年齢でどのくらいの給料になるのか考えます。

また、賞与も忘れずに見ておきましょう。賞与が年に何回あって、給与の何ヶ月分なのか。基本給が高くても、賞与が少ない医療機関もあります。トータルでどのくらいもらえるのか見ておくことが重要です。

2.残業について

注意すべきなのは「残業なし」の記載です。これには2つ意味があり、本当に業務量が少なくて残業が無いケースと、それなりの業務量があるけれど時間内に業務を終わらせなければならないという意味があります。後者の場合、最悪サービス残業になりかねません。この残業の有無は病院の種類は、看護師の配置人数にもよって違ってきます。

3.勤務時間と休日について

病棟勤務の場合は日勤と夜勤があります。この時、日勤と夜勤とで30分ぐらい重なる時間があるか見ておきましょう。重なっていれば、勤務時間内に引き継ぎや申し送りを行って定時で帰れる可能性が高いです。もし重なっている時間が無い場合は、業務時間後に引き継ぎが行われる可能性があります。

そして休日で注意すべきなのが「週休2日」という表記です。これは毎週2日休みがあるという意味ではなく、「週2日休みの週が、月に1回以上あること」を意味しており、週1日休みの週がほとんどであることを意味しています。毎週2日休みの場合は「完全週休2日制」という表記になります。

4.未経験者歓迎の表記について

診療科目の項目にて「未経験者歓迎」という記載がある場合は、教育体制の確認が必要です。診療科目によっては看護師の業務内容も異なるため、教育制度がしっかりしていない場合は、ついて行くのが大変になるケースがあります。

5.看護配置の項目について

看護配置とは、「何人の患者さんに対して看護師1人がつくか」を意味しており「10対1」や「7:1」などの比率で明記しています。急性期やホスピスなどの病院の種類によって変わってきますが、「15:1」など、看護師の比率が小さい場合はその分仕事量も多くなる傾向があります。バタバタした忙しい職場を避けたい場合は「7対1」かどうか確認しておきましょう。

6.福利厚生はその他の項目について

福利厚生の充実度は、働く看護師の満足度にも直結するものです。どんな内容の福利厚生があるのか、しっかりチェックしておきましょう。その他、交通費や駐車場の有無など、必要事項も見ておきましょう。

スポンサーリンク

看護師の求人が非公開にされてしまう具体的な理由とは!?

看護師求人サイトのエージェント


公開した方がたくさんの応募が集まるのに、どうしてわざわざ看護師求人を非公開にするの!?」このような疑問を持たれる方は、決して少なくないと思います。

また、看護師の非公開求人は年収が高く、基本的に条件が良いケースが少なくありません。一体なぜ、医療機関側は看護師求人を非公開にし、好条件が設定されているのか。その具体的な理由を以下にまとめました。

1.キャリアや経験のある看護師を採用したい

即戦力となる経験豊かな看護師を採用したい場合、現在院内で働いている看護師よりも、給与水準が高くなるケースは少なくありません。しかし、求人を一般に公開して、その給料を現職の看護師に見られてしまったら・・・。気を悪くした現職の看護師が辞めてしまう可能性が出てきます。

このような院内の不協和音を防ぐために、看護師の求人を非公開にするケースは意外と多いです。

2.できるだけ早く看護師を採用したい

看護師の求人サイトや求人媒体に募集広告を載せる場合、掲載されるまでに一定の期間を要するものです。一方、付き合いのある看護師転職支援サービスの企業に連絡をすれば、転職希望の看護師をすぐに紹介してもらうことが可能です。

ただし、このような理由による看護師の非公開求人は、必ずしも条件が良いとは限りません。募集要項や条件面をしっかり確認する必要があるでしょう。

3.管理職を採用したい場合

管理職の看護師求人も、非公開とされるケースが非常に高いです。管理職に出世したいと考えている現職の看護師がいる場合、もし外部から管理職を募集していることが知られてしまったら、志気を著しく下げてしまうかもしれません。また、一般職の看護師と比べて給料も差が出るので、これも公にはしたくないものです。

したがって、もし管理職での転職を考えているのであれば、看護師の非公開求人は本当に貴重な情報源になるでしょう。

4.新規事業で看護師を募集する場合

医療機関が訪問看護ステーションなどの新規事業を始める場合、近隣の病院にそのことを知られたくないケースがあります。求人を出すと事前に知られてしまうことになるので、非公開求人として取り扱われます。

5.病院や職種の人気が高く、応募の殺到が予想される場合

「ここで働いてみたい!」と誰もが思うような人気の病院の場合、求人を一般に公開することで応募が殺到するケースがあります。また、企業看護師などの採用枠が著しく少ない求人の場合も、応募がたくさんあると選考が大変になります。

このような人事での混乱を防ぐために、看護師の求人を非公開として取り扱い、看護師求人サイトや看護師転職支援サービスに依頼するケースも多いです。

貴重な看護師の非公開求人情報を入手するコツについて

好条件の貴重な非公開求人は、一体どうすれば効率よく入手できるのでしょうか。

そのコツとしてまず第一に押さえておきたいのが、実績が豊富な看護師転職支援サービス(看護師求人サイト)に登録することです。

看護師の優良な非公開求人は、数々の取引実績がある転職支援企業に寄せられるものです。医療機関側の立場からすれば、関わった事がない企業の転職エージェントに任せるよりも、何度も看護師を紹介してもらったことがある企業の担当者に任せた方が、明らかに安心できますよね。

このため数々の医療機関とつながりがある看護師求人サイトを厳選し、登録しておくことが重要です。(ちなみにこのページの上部に掲載している3社は、看護師の転職支援サービスにおいてトップクラスの実績があります。)

そして登録を済ませた後は、キャリアパートナーや転職エージェントと呼ばれる担当者へ、希望条件をしっかり伝えておきましょう。

彼らの仕事は、看護師の転職を成功へと導くことです。希望条件をヒアリングした上で、最適な職場を紹介してくれます。

また好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、転職したいという明確な意思をしっかり示すことも重要なポイントです。

キャリアパートナーは転職の意思が不明確な看護師よりも、明らかに転職の意思がある看護師に求人を紹介するものです。

このため転職の明確な意思を伝えると共に、担当者と良好な関係を築いておくことも、貴重な看護師非公開求人を入手するコツだと言えるでしょう。

スポンサーリンク