動脈硬化と動脈瘤

動脈硬化と動脈瘤

動脈硬化は、動脈壁が厚くなり、弾力を失った状態を言います。加齢と共に進行する確率が高く、高血圧になったり、その他の様々な合併症を併発する可能性もあります。

血液の中には、血糖やコレステロール、中性脂肪などが流れています。これらが何らかの原因によって動脈の内部に沈着し、血管壁に貯留することで血液の流れる血管内の隙間が狭くなります。

これにより、血管が狭窄し、血液の流れが悪くなる動脈硬化が進んでしまうのです。

動脈硬化は、全身の至る場所に出来る可能性があります。脳の動脈が動脈硬化になると、脳梗塞や脳出血が引き起こされます。また、心臓の血管の動脈硬化が生じると、狭心症や心筋梗塞が生じます。この他にも、腎臓や大動脈、下股でも同じような障害が生じます。

動脈の硬化は、血液の流れを悪くするだけでなく、血液によって運ばれる酸素や栄養の供給ができなくなってしまいます。

また、動脈瘤とは、何らかの原因によって血管壁が弱くなり、その部分が血液の流れに押されて膨らみ、血管の一部がコブになるような状態です。この動脈瘤は、動脈壁の構造により、真性、仮性、解離性動脈瘤の3つに分類できます。

動脈瘤は合併症を起こすこともあり、重大な疾患につながるケースもあるので注意が必要です。まず、動脈瘤が破裂することにより、出血が生じます。破裂した動脈瘤の大きさと場所により重症度が違いますが、生命の危機を伴うケースもあります。

さらに、動脈瘤が隆起することにより、その周囲の臓器や血管、神経などを圧迫します。圧迫により、血管障害が生じる可能性もあります。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク