看護師が円満退職するために必要なこと

お世話になった職場に迷惑をかけないための円満退職

看護師は、他の職業と比べて転職者が多いです。これは、色んな医療施設が求人を出していること、そして看護師の仕事が想像以上に大変であることが要因になっています。

看護師が転職する時には希望通りの条件で転職することも大切ですが、円満に退職することも必要だと思います。

どんな理由があって転職するのかは人それぞれですが、自分を看護師として雇ってくれて、そして育ててくれた場所であることには変わりはありません。お世話になった方々もたくさんいるはずですし、看護師として円満退社することが当然の礼儀だと思います。

円満退職をするためには、まずは病院側に迷惑をかけないように退職するためのスケジュールを考えることが大切です。法律上では、退職する場合は退職希望日に2週間前までの雇用主に申し出なければならないことになっています。

しかし、看護師の職場は夜勤もあるので、2週間前に言われても困ってしまいます。多くの職場では月末に向こう1ヶ月分のシフトが決定するので、今月、もしくは来月分のシフトは既に決定されています。

もしこの期間中に退職するのであれば、変わりに入れる人を調整しなければなりません。

このため、退職を申し出る時期は、出来れば2ヶ月前、遅くても1ヶ月前までに申し出るようにしましょう。急に辞めてしまうと、今まで一緒に働いてきた同僚にしわ寄せが行くようになります。同僚に休日出勤させたり、連勤を強いられたりしないように、余裕を持って退職を申し出ることが大切です。

また、退職の意志を最初に伝えるのは、直属の上司です。それ以外に人にベラベラ話して噂で直属の上司に伝わってしまうと、後から厄介なことになり兼ねません。

本当に信頼できる友人の場合は相談しても良いかもしれませんが、最初に伝えるのは直属の上司にしておきましょう。

スポンサードリンク

退職を避けるべき時期

看護師が退職する時は、早めに申し出ればいつでも辞めて良いというものではありません。

看護師の職業はお盆中も年末年始も交代で働く職業です。このような時期は只でさえ休む人が多く、ぎりぎりの人数で職場をまわしています。

このような時期に急に退職されてしまうと、病院自体が回らなくなってしまう恐れがあります。

このため、職場が忙しい時期や、人手が足りなくなる時期を避けて退職するようにしたいですね。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク