看護師の面接における本音の質問

看護師の面接における本音の質問

転職の時に看護師と医療機関の採用担当者の間で行われる面接では、一通りのやり取りが終了した後で、最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれることがあります。

この時はやる気や意欲を見せるためにも、出来るだけ質問をしておきたいところですよね。

しかし、「こんなことを質問したら失礼にあたるのではないか?」とか「心象を悪くして、不採用になるのではないか?」といった思いが頭を過ぎり、質問できなくなってしまうこともあると思います。

転職する時、本音の質問はなかなかしづらいものですよね。そこで今回は、本音の質問をしたい時の豆知識をまとめてみました。

 職場の雰囲気や人間関係が気になる

「職場の雰囲気は良いですか?」なんて聞いてしまうと、「一体貴方は何様?」と思われる危険性があります。このため、ストレートに聞くことができません。

はっきりとした答えに繋がるか確信は持てませんが「貴院に転職された先輩の方々はご活躍されていますか?」などのように質問し、良い答えが帰ってくれば希望が持てると思います。

また、職場の雰囲気については実績が豊富なナース人材バンクなどの看護師転職サービスに登録して聞いた方が良いでしょう。

ナース人材バンクのご登録(公式サイト)はこちら↓


 合否の連絡はいつ頂けるのか知りたい

もし不採用になった場合は、すぐに次の求人を探さなければなりません。応募者側にも都合があるため、これはストレートに聞いても問題ないでしょう。

 給料のことを聞きたい

給料のことだけを質問すると、「お金のことしか考えてないのかな?」などと思われる恐れがあります。このため出来れば質問しない方が無難ですが、どうしても質問したい場合は、他の質問をした後で「ちなみに・・」などと言って、ついで感覚で質問するようにしましょう。

 残業の有無が気になる

習い事や家が遠い場合は、残業の有無や時間が気になるところです。この場合も雰囲気的に質問しない方が良い場合がありますが、どうしても聞きたい場合は「貴院は急性期病院であり、患者さんもたくさんいらっしゃると思いますが、看護師の残業はどのくらい発生するのでしょうか?」などのように、理由や前置きを作ってから質問するようにしましょう。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク