看護協会の事業活動

看護協会の事業活動

日本看護協会は、1946年に看護師、保健師、助産師、准看護師の有資格者による職能団体として「よりよい看護の提供」を実践するために設立されたものです。

今現在60万人前後の看護師が加入しており、全国47都道府県の看護協会も法人会員として活動しています。日本看護協会の活動内容は、以下のものがあります。

 看護職への支援体制
災害発生時に、看護ボランティアの調整や支援を行います。また、看護職の人材確保と就職促進を目的として、中央ナースセンターを運営しています。

 安全な看護の提供と質の向上
医療事故を未然に防ぐために、看護業務基準や行動指針の作成、普及とその教育を行っています。また、独自に「看護職賠償責任保険制度」を確立し、看護師の仕事に対する保証制度を設けています。

 広報活動
看護や看護師の活動を社会に広く理解してもらうための広報活動を行っています。「看護の日」である5月12日前後の1週間は、看護フォーラムなどを開催しています。

 訪問看護・在宅医療の推進
在宅ケアや訪問看護の普及・向上のため、調査研究や研修サービスの質の評価などを行っています。また、看護協会自身も、訪問看護ステーションを開設しています。

 国際交流
国際看護師協会(ICN)や国際助産師連盟に加盟し、支援活動や情報交換を行っています。

 政策の提言とその実現
国民が安心してサービスを受けられる基盤作りのため、政府の審議会や検討会などに参画し、提言を行っています。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク