看護師に求められるコミュニケーション力

看護師に求められるコミュニケーション力

看護師のイラスト

コミュニケーションは社会や会社、学校においても、そして家庭においても必要不可欠なものです。良好なコミュニケーションが取れている場所というのは、仕事においても良い結果が生まれやすいですし、何よりも全体の雰囲気が良くなります。

医療の現場でも良好なコミュニケーションは必要不可欠なものですが、看護師をはじめとした医療機関に従事する人の場合は、求められるコミュニケーン力が少し異なってきます。

まず、病院に訪れる患者さんというのは、病気や怪我で治療を必要としていたり、身体の不調で検査を受けに来ている人たちです。つまり、心身に何らかの不安を抱えているという前提があるので、その点を理解した上でのコミュニケーションが求められます。

挨拶や丁寧な言葉遣いなどが必要になるのはもちろんのこと、看護師においては相手の表情や言動を観察した上で、患者さんの看護や治療に役立てる必要があります。

しかしながら、同じ医療従事者であり、チームの一員である医師と話し時には、視点が異なります。医師の場合は、病状の診断や治療方針の決定などにコミュニケーションの重点が置かれます。

したがって、看護師は医師を同じ立場に立つのではなくて、患者さん側の立場に寄り添うような立場で看護にあたることが、良質な医療サービスにつながります。

医師が検査や治療を行う際は、医師のサポートをしながらも、患者さんに苦痛や不安が無いかを表情などから読み取り、可能であれば改善する必要があります。

ちょっとした心がけですが、患者さんからすれば印象が全然違うものになります。患者さんの立場に寄り添うようなコミュニケーションや看護を心がけていきたいものです。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク