年収500万円以上の看護師の特徴

年収500万円以上の看護師の特徴

看護師は他の業界と比べて年収が高いと言われていますが、年収500万円を超えられるかどうかは1つのボーダーラインだと思います。

給料が良いと言っても、医療機関の種類や働き方によっては年収が300万円台、あるいは400万円台の人もいますし、年収が500万円に達したことの無いベテラン看護師の方も大勢いらっしゃいます。

このため、将来的に年収500万円を突破し、さらに600万円、700万円と年収を上げていきたい場合は、働く病院の種類や地域、キャリアアップの手段をしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 大学病院や公立病院は、基本的に年収が高い。

大学病院や各地域の公立病院は、基本的に年収が高いと言われています。昇給率も高く、年収500万円以上の看護師がたくさんいる病院も少なくありません。公立病院の場合は、年収1000万円を超える看護師も存在すると言われています。

 資格取得で年収を上げる

認定看護師や専門看護師などの資格を取得することは、資格手当てを得られるだけでなくキャリアアップにもつながります。給料が良い病院へも転職しやすくなるので、有用な資格を取得することも、大いに役立つでしょう。

 看護師長を目指す

看護師としてのスキルを積み上げ、将来的に看護師長になることでも、年収は大きく上げられます。そのためには看護や医療に関する幅広い知識を見に付けて、グループリーダーや主任などの責任ある役職を積み上げる必要があるでしょう。

 異業種へ思い切って転職してみる

製薬会社や健康関連企業など、看護師を欲している企業は山ほどあります。高い給料が約束されているわけではありませんが、年収500万円以上を軽く狙える企業が多くあるのも事実です。ずっと医療機関に勤めていた場合はかなり勇気がいると思いますが、看護師は一生ものの資格ですし、トライしてみる価値はあると思います。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク