潜在看護師の復職支援で効果を上げている相模原市

潜在看護師の復職支援で効果を上げている相模原市

復職を実現させた看護師


日本では看護師の人数が十分でない都道府県・市町村が多く、これを解消するために必要だとされているのが「潜在看護師」の方々の復職です。

潜在看護師とは、看護師や准看護師の資格を持っているけれど、結婚や出産、子育て等で看護師として働いていない方々を指しています。

高齢化社会の真っ只中にあり、今後益々看護師が必要となってくる日本では、各地で潜在看護師を復職を応援しようという動きが高まっています。

神奈川県の相模原市病院協会では数年前から潜在看護師の復職支援に力を入れており、以下のような成果を上げています。

○看護師の復職を支援するための研修会や就職相談会を開催。

○これらには合計92名の方々が傘下し、そのうち15人が相模原市の病院に就職。

なお、研修会や就職相談会では、以下のようなことが行われたそうです。

研修会 ⇒ 中堅以上のベテラン看護師が指導に当たり、静脈注射や採血等の実技研修プログラムを実施

就職相談会 ⇒ 現役の看護部長が各病院の勤務形態などの情報提供を行ったり、個別の相談にも応じる

これらの内容はまさに”復職すること”を目的としたものであり、それが良い成果に繋がっているのですね。

実際に研修を受けて復職された看護師の方からは、「採血のおさらいをしたり、最新の医療機器の使い方を教わることで不安が取り除かれ、自身に繋げることが出来た」という感想も出ているそうです。

このような取り組みは相模原市だけではなく、全国各地で今後も活発になると思われます。

もし復職を目指している方がいらっしゃいましたら、各地域の医療関連団体の情報を積極的に収集していきましょう!


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク