トリアージナースの役割と特徴

トリアージナースの役割と特徴

一言で看護師と言っても、その役割は職場によって様々です。忙しいイメージがある救急外来においては、トリアージナースの需要が高まっています。

トリアージとは「選別」という意味のフランス語です。

医療現場におけるトリアージナースとは、患者の症状や容態を的確に把握し、緊急度を選別できる看護師を意味しています。

患者さんの容態は、人それぞれ全く違います。症状が深刻ですぐに治療が必要な患者さんもいれば、容態が悪化する可能性が高い患者さんもいます。一方、応急処置だけで大丈夫なケースもありますね。

トリアージナースは、このような場面で患者の症状を的確に見極めて、選別する能力が求められます。

また、認定看護師の種類の1つに「救急看護」がありますが、ここでもトリアージの技能を身に付けることができます。

日本には約400人の救急看護認定看護師がいますが、この人数はまだまだ不足しています。このため、この救急看護の認定看護師になることによって、キャリアアップや転職に役立つことは間違いないでしょう。

さらに、日本臨床救急医学会と日本救急看護学会においては、トリアージナースを養成するための合同委員会が設置されています。

トリアージの知識や技能は救急外来の現場では間違いなく役に立つものですし、一般外来や一般病棟でも役に立つ機会が必ずあるはずです。

看護師として成長したい、キャリアアップしたいと考えている方へ、おすすめの分野だと言えるでしょう。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク