残業が少ない看護師の職場の見つけ方

残業が少ない看護師の職場の見つけ方

看護師の転職理由の1つに「残業が多すぎる!」というものがありますね。残業が毎日何時間もあって、プライベートの時間で何もできない。疲れてすぐに寝てしまう。など、悩みを抱えている若い看護師の方は意外と多いものです。

看護師の求人欄で「残業なし」と書かれていても、実際に入職したら普通に残業があった・・なんていう話もザラにあります。

そこで今回は、本当に残業が少ない看護師の職場の探し方について、まとめてみました。

1.クリニックを選ぶ

残業の少ない職場の代表的な例が、クリニックです。病棟のように夜勤もありませんし、勤務は主に平日の日中と、土曜日の半日です。クリニックの中でも、耳鼻咽喉科や眼科などは残業が特に少ないと言われています。

2.治験業務

医療機関や企業の中には、新薬開発のための臨床試験を行っているところもあります。ここでは患者さんではなく、基本的に健康な被験者の方たちと仕事を進めていくことになります。

治験業務はスケジュールによってしっかり管理されているので、残業が発生することも少ないです。診察時間の終了間際に患者さんがなだれ込んでくることもありませんし、業務上で何かトラブルが発生しない限りは、基本的に残業がありません。

3.働き方の選択

これは常勤を希望する方の場合は該当しませんが、派遣看護師やパート、アルバイトは常勤の看護師と比べて、残業が発生しにくいです。残業が出そうな場合は常勤の看護師が残り、派遣看護師は帰れるというケースが多いですね。

この他、常勤看護師で残業が少ない職場を探す時には、看護師転職サービスがとても役に立ちます。

特に、ナース人材バンクは実績が豊富であり、日本各地の医療機関情報にも精通しています。残業が少ない職場も見つけやすくなるので、是非登録しておきましょう!

ナース人材バンクのご登録(公式サイト)はこちら↓



 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク