循環器系の病気と検査

看護師が知っておきたい循環器系の病気と検査

循環器は、心臓と血管を全て含めたものです。
心臓は前進に血液を送る大切な役割を果たしています。
私達は心臓を中心とした循環器が正常に働いているからこそ、毎日生活していられるんです。

このページでは、看護師がぜひ知っておきたい循環器系の病気と検査についてまとめました。

循環器系の主な病気

 不整脈
脈が急に早くなったり、遅くなったり、飛んだりします。胸苦しさや房室ブロックなどは脈が遅くなる徐脈性で、めまいや失神、疲れやすい等の症状があります。

 心筋症
心臓の壁を構成する筋肉が、肥大したり変性したりするもの。肥大型と拡張型の二つに大別できます。おもな症状は、動作中の軽い息切れ、同期、胸部圧迫感などがあります。

 狭心症
冠状動脈が狭くなって心臓への血液が不足し、心筋に十分な酸素や栄養分が届かなくなる状態です。胸が締め付けられたり、押さえつけられたりするような症状が出ます。発作が出る場合もありますが、通常は数分以内で治まります。

 急性心筋梗塞
冠状動脈の内腔が塞がって血液が流れなくなり、心筋が壊死した状態です。
恐怖を伴う胸痛が発生し、発作は30分以上続きます。

 心筋炎

細菌やウィルスなどによって、心筋に炎症がおこった状態です。


循環器系の主な検査

 心電図検査
体の表面に9つの電極を接着し、心収縮のリズムや肥大、電解質の異常などを調べる検査です。
不整脈や心筋症、狭心症、急性心筋梗塞などを検査します。

 心臓カテーテル検査
心臓にカテーテルを挿入し、心臓内の圧や血液の酵素濃度などを測定する検査です。
心臓の弁の動きや血行状態などがわかります。検査対象となる病気は、先天性心疾患や、心臓弁膜症、冠状動脈造影などがあります。

 心臓超音波検査
心臓に向けて周波数の高い音波を発信し、跳ね返ってくるエコーを画像化して心臓の形や動きを調べる検査です。心臓弁膜症や肥大型心筋症、狭心症、心筋症などで調べます。


 

看護師 非公開求人 TOPページに戻る


スポンサードリンク